ペルーの波


南米ペルー、リマの波乗り& サバイバル日記。
by lapampilla

<   2012年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧


ワンチャコ (Huanchaco) ②

ところで、ワンチャコはペルー北部のサーフィンの中心的場所でもある。

ワンチャコそのものもいい波が立つけれど、ワンチャコの属しているラ・リベルタ県(La Libertad)にはあの世界一長い波であるチカマ(Chicama)やパカスマヨ(Pacasmayo)をはじめいくつものスポットがあるし、ワンチャコがある町トルヒーヨ(Trujillo)はペルーの中でも大きな都市の一つ。人口も多く、経済的にも豊かなので大きな大会などを開催する力がある。観光開発の中でもサーフィンが大事な要素として捉えられているのが、サーフィン教室やサーフショップの数の多さにも見て取れる。

ちなみに、ちょうどトリップに行った休暇中にも大会が催されていた。
Circuito Nor Peruano ペルー北部ブロック大会みたいな感じで、リマとはまた違う地方の、しかもしっかりとしたサーフィンの世界があるんだなと感じた。

d0066280_1045964.jpg

                        大会の様子


ただ、この一番いい部分のポイントが大会で使用されていたので、自分は歩き回ってほぼ無人のこちらを発見して入った。ライトブレイクでしっかりとした良い波。

d0066280_1064066.jpg


一方、スクールが行われ人がいっぱいいたのがこちら↓でも、これはちょっとしょぼすぎるよね。。。

d0066280_1048683.jpg



子どもは今回はサーフィン行わず。で、伝統的な葦舟トトラでお散歩。最終日はフラットだったのでプール状態の海で泳いだのが楽しかったらしい。(波はコワイらしい)

d0066280_1018750.jpg

                        さようなら~(笑)


ということで、またぼちぼち書き始めます~
[PR]

by lapampilla | 2012-06-11 01:40 | サーフトリップ | Comments(5)

Huanchaco ワンチャコ ①

1年ぶりの更新!

この1年は仕事に恵まれていたものの、サーフィンはひどいときは月に1回というありまさに。。
そんなんでサーフィンブログなんて書けないよね~(笑)

でも、仕事あるときはやっぱりまとめてやっとかなきゃ!と思うのが庶民かつ半フリーランスの性ですわ。。

が、最近はちょっと暇=余裕が出てきたので、多いときは週2回くらいで海行けてます!
時間と収入のバランスを、どこに置くか。それが問題だ!


ところで、この前(といってもだいぶ前になったが)のイースター休暇には10年ぶりくらいにペルー北海岸のHuanchaco(ワンチャコ)に行ってきました。


いやー、あんなにワンチャコの海岸線長かったとは!コスタベルデで言えば、バランコからミラフローレスの南端~北端くらいの距離があるのでは?もっとこじんまりした所と思っていたが、10年前の記憶は頼りにならない。

d0066280_10423279.jpg


そして当時まだ鄙びた田舎の海辺って感じだった海岸線沿いは上手く開発されていて、例えば近年注目され無秩序に乱開発されたという表現がぴったりのMancora(マンコラ)なんかと違い、ああこんないい場所になったのかワンチャコ!と感慨深かった。

d0066280_10352691.jpg


イースターだから国内外の観光客でにぎわい、屋台から庶民的料理屋さん、高級レストランまで大忙し。宿もバックパッカーからこぎれいな感じのホステル、そしてきちんとしたホテルまで海岸線沿いに長く立ち並んでいる。長く伸びる海岸線沿いにはお土産ものを売るヒッピー風の人や、小さな移動式お土産店が並び、太陽はさんさんと照りつけ、横には青い海がどこまでも!!でも全体的に荒れたような雰囲気がなく、清掃も行き届いていて好感がもてる。海岸線のほぼ中央部にはちょっとした博物館なんかもあり、子連れ旅行にも◎な雰囲気が良い。

d0066280_10365791.jpg

[PR]

by lapampilla | 2012-06-11 01:21 | サーフトリップ | Comments(0)