ペルーの波


南米ペルー、リマの波乗り& サバイバル日記。
by lapampilla
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

<   2005年 11月 ( 9 )   > この月の画像一覧


が~~~

「お昼1時までに送るから」と言われて原稿を待つこと数時間・・今午後7時前、いまだに原稿があがってこない。私の仕事は翻訳なので、原文が出来上がらないかぎり進みようが無い。ったく・・・

海行きたい。先週は木曜1回こっきりだったし、週末も結局海行けずじまいだったので体におり(なんか澱んだもの)が溜まってる気がする。明日はスーパー朝一じゃ!!

もうすぐ日本からはるばる大事なお客が来るので、家中の壁と天井・ドアを塗り替えてリフレッシュした。壁の色ひとつで家の印象や明るさって随分変わるんだね~~!!もっと早くやっときゃ良かったな。

あ、やっと原稿ついたで。仕事に戻るか
[PR]

by lapampilla | 2005-11-29 09:00 | ペルー

夏じゃ夏じゃ♪

すっかり日中でも太陽が出てきて日に日に夏に近づいてるリマ♪
水温も随分上がってきましたよー!ちょっと前は入った直後、いつも「げっ超冷たい!足が凍るよう」と言っていたのが、最近はポイントまでパドルしてる間にウエットが熱苦しく感じてきました。

夏~~♪リマっていうところは、4月から11月までほぼ毎日曇天のうっとおしい気候で特に朝夕の霧がすごいので、朝日・夕日が見れない!(泣)でも、夏の海ではたまーにラッキーだときれいな夕日が見ることができます。

木曜は久々、パンピージャ。朝6時でもう20人くらい中に入ってます。。人多い~~なかなか乗せてもらえん。最近、どのサイズのどういう波ならちゃんと乗れるかが分かってきたので波を選ぶくせがついてしまったのだけど、人数多いのにそんなことやってたら全く波が回ってこないことが分かった。っつーか当たり前なんだろうけど、そんなこと。どんな波でも自分のところに来ればチャンスと思ってチャレンジしなきゃですね。そして、もっと早く行かなきゃだめですね。

久々、師匠の一人L君に遭遇しました。彼のボードはデッキの反対側一面に後光の差してる日の丸で、超派手。でもかっこいーな。いつか自分のボード作るときは、どんなデザインにしようかなあ。けっこう花柄とか、女っぽいデザインにも憧れるんだけど。(え?似合わんて??余計なお世話じゃい!)ベースは白だと、だんだん黄ばんでくるからやっぱり色つきの方がいいかなあ。

えへへ、想像するのは楽しいもんです。さ、頑張って貯金するべ。
[PR]

by lapampilla | 2005-11-26 06:15 | 波乗り日記

ミリオンダラー・ベイビー

d0066280_3424659.jpg・・っていう映画を見ました。タイトルだけ聞いてなぜかおちゃらけた内容を想像した自分だったけど、相手が「お薦めだから」と言うので鑑賞。
クリント・イーストウッド、モーガン・フリーマン、ヒラリー・スワンク。
皆さん見ました??
女ボクサーの話。31歳からはじめてたたき上げで世界チャンピオンをかけた舞台に挑むけど・・ 後半はけっこう辛い内容。

不運に見舞われたけど、きっと彼女に悔いはないだろうと思った。

あと、けっこう印象に残ったのが、彼女の家族。
トレーラーハウスに住んでるような、米国の底辺層の貧しい家庭。
経済的にあまりにも貧しいと、心まで貧しくなるもんだと思う。
ペルーに来たばかりの頃、自分がいた環境と周囲の人たちを思い出した。
人によって天と地のような経済格差のあるこの国。
自分はあの環境から抜けだして、仕事を得て、生活は向上し、まさに懐にも心にも余裕ができた。
でもそれは、日本人だからできたことだ。
彼たちと同じ環境に生まれて、同じように育ったら、きっと同じ思考で同じ生活をし続けていたかもしれない・・・
でも、貧しくてもちゃんとした人たちもいるもんね。
そう考えると、貧しくても心の立派な人ってのはほんとすごいなあーー


また、以前、自分にはいわゆるスポーツに熱中してる人たちのことをどこか醒めた目で見ているようなとこがあった。なーんだ、あいつら脳みそまで筋肉なんじゃないのかい、みたいな。
ボクシング映画なんて、見る気さえなかった。
今思えば、大変恥ずかしいなあー

こんな風に考えや趣向が変わったのも、全部波乗りの影響なのは間違いなし。


以上、映画の感想文。
[PR]

by lapampilla | 2005-11-19 03:42 | 映画

残念

今日はパンピージャに波がなかったのでプンタ・ロキータに入った。

気合い満点で入ってから10分後くらい、波待ちしてたら、突然右奥の方にいた5人くらいの塊の中の一人が、罵声をあびせてきた。ペルーで誰かをののしる時や腹が立つときに使う言葉をLisura(リスーラ)という。これはほんとに汚い言葉が多い。そんでもって東洋人(女)に対しては全てChina(チナ)という。
LisuraとChinaの入り混じった言葉で、遠くから私のほうに野次をとばしてるわけ。

・・・何なんだいったいあれは?! こんな気持ちのいい朝にこんな気分の悪い輩がいるとは、信じられん!!しかも、女一人で入ってるのを見て嫌がらせをしてくるとは、どうせ玉なしの情けない奴。Mariconazo de mier... おっとっと。むかーっときたが、怒鳴り返して同じレベルになるのは嫌なので無視して波待ち。

ひと昔の自分だったら、罵られたことがショックで動揺してしまっただろう。
相手も、それが狙いだったのかもしれない。でも、自分でも驚くほど平静でいられた。
動揺して海から上がると思ったら大間違いじゃ!お前なんか相手にしてられるか。

怒りをエネルギーに変換してテイクオフ!!がーーー!!立てん、いい波やったのに。

もう一回。2回目は立てた、でも横にはいけず。

3回、4回。最近、テイクオフをして立ち上がる瞬間に「Concentrate!(集中しろ!)」と心の中で唱えるとうまく行く確立が多い気がする。

時間ぎりぎりまでやって終了。


自分はここでは外人だし、ペルーでは人種や階級の差別はまだまだ多いからこういう事を100%避けるのは無理。でも、嫌なことがあったとき、それに影響されずに嫌なエネルギーを違う方向へがらっと転換させることができるようになってきた。

ペルーに来たばかりのころ、それができずに最初の3年くらいは嫌なこととや沈むことが多かった。でも、自分は進化して強くなったしこれからももっと強くなっていくことが分かってる。

それにしても、こういうことは滅多にないことなので、ペルーってこんな場所なのかとは思わないでください。(フォロー)叫んでたやつがきっとたちの悪いくだらん奴だったってことです。
[PR]

by lapampilla | 2005-11-17 00:38 | ペルー

La Isla!!

いててて・・・昨日プロテイン飲む気力もないくらい疲れ果てて背中が筋肉痛(笑)

リマの南40~50km地点には、沢山のサーフスポットがあるのにもかかわらず足がない&子連れではなかなか遠征ができなかった私・・しかしついに昨日行って来ました!!

この前一緒に大会を見にいったロドリゴ親子と朝10時にリマを出発。まずは午前11時半に、リマから南に20kmの地点にあるサッカークラブで子供のロドリゴが試合するというのでそれを見に行く。彼は、「U」(Universitariaっていうチーム)のCategoria97,つまり97年生まれ組に所属してる。でも、最近になって補欠に降格されちゃったらしい。かんかん照りの中、大きな野原にいくつものサッカーコートがあって各コートで大人や子供がそれぞれの対戦チームと試合している。南米人はみなサッカー気違いだけど、ペルー人も例外なくそうである。まあ全員が全員と決め付けるのはよくないけど、本当に何でここまで熱が上げられるんだろう・・と思うくらい皆熱狂的に声を張り上げて応援している。
ロドリゴは補欠なので、結局最後の10分だけ試合に出た。でも、相手チームのCantolaoの方が全然統率があって強く、結局3対1で負け。ロドリゴも、もう一つ積極性が足りない動き。

父親のロドリゴは、試合が終わる頃にはかなり機嫌が悪くなっていた。
「こんなところまで運転してきて、最後の10分だけだとは信じられん!!大体あのロドリゴの動きはなんだ!!もうUからははずして違うチームに入れ替える!!・・」
違うコートの試合が見たいという子供の願いも却下して、とっとと車の方に行ってしまった。
大人気ないなーたかがサッカーで・・と思いつつ、サッカーに対するこの人たちの思いは私には理解不能だし、自分も早く海に行きたいので車に乗り込む。

子供らがいるので、順番で波乗り。まずは彼が海に入って頭を冷やす。着いた海はEL HUAYCO(エル・ワイコ)。これは今まで生で見た中で、一番激しそうな波だった。しかも沿岸から近いところで波が炸裂するので迫力満点。リーフなので恐ろしさ満点。サイズは頭オーバーというのかな?とにかくでかくて、しかも速い。16歳くらいの男の子が、リーフにやられたのか頭から血をだららだらしながら上がってきた。自分は子供二人と一緒に波見学。岩場には巨大なカニが幾つもいて、子供たちはそれを数えて大喜び。その上、岩と岩の間に挟まって死んでしまったアシカかオットセイのような動物がいてまたびっくり。1時間ほどして海から上がってきたロドリゴは、さっきとは別人のように穏やかになっていた。そうだろうなーいい波6本くらい乗ったもんね。ああ、あんなふうに乗れるようになりてーー!!

昼飯を食べた後、次は自分の番。Punta Hermosa(プンタ・エルモサ)の湾内のポイント、La Isla(ラ・イスラ)に入ることにした。ポイントまで、遠い遠い・・・・ひたすらパドル。しかも、波が強い。リマの波と違う~~スープが恐ろしくパワフルで、セットにはまって抜け出した時点でかなり体力消耗・・・うわー嫌だ、消耗して終わるのは・・・せめて一本だけでも・・・・
入水したのは5時半ごろ。昨日は夏日で、波待ちしながらきれいなサンセットを見ていると心が洗われた。プンタ・エルモサは静かな湾で、周囲には小ぎれいな家が立ち並ぶ小さな集落。ポイントから湾沿いの風景を見ると、もやがかかったように見えてそれが夕日に映えて本当にきれいだった。
いよいよ日が沈みかかり、体力も限界に近づいてきたので出ることにした。結局波と喧嘩して終わってしまった。。。うねりは乗れず。
このLa Isla周辺には、色んなポイントがひしめきあっている。パンピージャで修行して、絶対この辺の海全部制覇してやる!!と思った。
[PR]

by lapampilla | 2005-11-15 03:28 | 波乗り日記

Roxy pro

HaleiwaのRoxy pro、明日からスタートするよ!!
d0066280_7114599.gif
2冠目指して頑張れソフィア!
[PR]

by lapampilla | 2005-11-12 07:13 | 波乗り日記

よっしゃ

WoooHooo!!
日本の事務所に陳情書を送ったら、減給分の金額を払い戻してくれることになった!!今月分も契約どおり支払ってもらい、来月からの労働形態については話し合いを行うことに。

来月からは、自分はフリーランスになる予定だけれど出来るだけ良い条件が引き出せるよう頑張ろう。

ということで・・・心配してくれた皆さんありがとう!!風向きがまた変わってきたぜよ!!
[PR]

by lapampilla | 2005-11-11 00:38 | ペルー

ペルー♪

先週木曜頃から、ほんの少~しだけ疲れて気味だなあ、休んだほうが良いなあと思いつつ、誘惑に負けて課外活動やら波乗りやら、仕事やらいつの間にか週が開けて初のガイド仕事やら!やっていたら一気に熱が出てきてしまった。ブルハ(魔女)のような声を出しつつ電話に出たら相手に切られちゃうし・・・でも薬飲んだらすぐ治ってきたけど。
それにしても、この5日間はほんと充実していたな。
そして、なんでペルーに来たのか、思い出した。
自分は、冒険しに来たんだった!
人生一生冒険、ロマン。ロマンチックも好きだけど、ロマンも大好き。
ペルーでしか送れないような、冒険人生をこれからも送っていくんだ!!
さて、海は明日にするか、明後日かな・・・
[PR]

by lapampilla | 2005-11-10 07:29 | ペルー

まずまず

今週は火曜・土曜の二回。

両日とも波はまずまず。周辺の人たちは「なんだこのくそ波!」とか悪態ついてるようなだらだら波が多かったがたまには良いのが何回か入って、火曜はうまく乗れた。最近いつも、入った直後は調子よくて「おお!!」と思うけど、時間が経つにつれてばてる、ばてるとスタンドアップに失敗するというパターンにはまっている。もっと体力つけなきゃダメだな。普段挨拶しかしない人から「ちゃんと波に乗ってるの初めて見たよ!でも一回だけだけど!さあ2回目も行ってみよーう!!」みたいなことを言われてなんとも嬉しかった。

土曜は友達の板(6’11)を借りて入水。いつもより小さい板なのでパドルが遅い・・・「ちょっとは進歩した」と思っていたが、板が変わると思いっきり後退した。。。いい波きてるのに、切れ目に追いつかない!!テイクオフしても安定感なくて速攻ワイプアウト・・・しまいにはスープに放り出され(波のない日なのに)・・・海から「へん、お前なんぞまだまだじゃよ」と言われた気分。
次回は自分の板で絶対うまく乗ってやるべ!!
[PR]

by lapampilla | 2005-11-06 01:56 | 波乗り日記