ペルーの波


南米ペルー、リマの波乗り& サバイバル日記。
by lapampilla
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ:ペルー( 51 )


最近の我が家

子供の希望により、早々と(そうでもないか?)ツリーを飾りました。

d0066280_1385274.jpg


   これでしばらくは、「サンタさんが見てるよ!!」が決まり文句だな(笑)


そんでもって、プチトマトのその後・・・・

d0066280_141221.jpg


お陰様で、順調に成長中。。。と思いきや、トマトに混じって変なキノコが生えているのを発見!!

d0066280_1421398.jpg



何なんでしょうか、これ?!トマトの種に紛れていたのか、空気の中に胞子がただよっていたとか・・・摘んじゃったほうがいいのかなあ。それにしても、植物ってアップにすると何だかなまめかしいね。
[PR]

by lapampilla | 2006-11-13 01:44 | ペルー

夜景

                     我が家の夜景 

d0066280_1226619.jpg


昼間は沢山の人と車が行きかう騒々しい通りですが、夜景はなかなか素敵。
寝室にも大きな窓があって、窓からちょうどよい頃合で町の光が入ってくるのを見ていると、おばあちゃんの家を思い出す。

私が気に入っていた場所は書斎の横の部屋にあるソファーベッドで、ソファーをベッドの形に直してシーツや毛布を広げ横になった後電気を消すと、ちょうど真横に窓があって通りの光が同じようにやわらかく、ぼんやり差し込んでいた。

でもずいぶん行ってないから、ほんとうのところどうだったかはっきり分からない。



さて、明日は久々に平日休みなので、海に行ってきます。お休みなさい!!
[PR]

by lapampilla | 2006-11-07 12:45 | ペルー

Morir de Amor

d0066280_146277.jpg


元同僚と一緒に、子供向けでない演劇(半ミュージカル)を初めて見に行きました。

Morir de amor。。。 愛のために死ぬ、愛しくて死にそう、恋しさのあまり死んでしまう?!

30代のカップルが3つ出てきて笑わせたりじーんとさせたり。
タイトルだけ見て最初重たい内容を思い浮かべたけど、全然。俳優さんが皆素晴らしかったし、笑わせるシーンが多いんだけど本当にお腹の底から笑えた。
満席の劇場で、拍手が鳴り止まなかった。ああいう熱っぽい雰囲気も久々で、とても良かった。


Larcomarで上演中。
紹介文↓
http://www.rpp.com.pe/portada/entretenimiento/teatro_y_exposiciones/51942_1.php
http://www.larepublica.com.pe/content/view/127560/
[PR]

by lapampilla | 2006-10-28 14:18 | ペルー

プチトマト

けっこう前だが、子供からお弁当にプチトマトを持って行きたいとリクエストされた。
クラスメートのお弁当に入っていたらしい。
だが、スーパーでプチトマトを見るとちょっと割高ではありませんか。たしかに、ペルーではあまりプチトマトは出回ってない。おいしいイタリアンのトマトや、日本のみたいな丸くて大きいトマトはあるものの。。。。

そういえば、この前実家に帰ったら庭にプチトマトがわんさと茂っていたっけ。
ほとんど手入れいらずで、がんがん生っていたかんじがする。

「はては、トマトってけっこう簡単に栽培できるのかも?!」

ということで今度はプチトマトの種を植えてみました。もう2週目くらいかな??


d0066280_12132244.jpg
d0066280_12134242.jpg


実がなってくれることを祈ってます!!
[PR]

by lapampilla | 2006-10-14 12:15 | ペルー

生活向上委員会

新しいアパートに引っ越して早くも半年近くが過ぎようとしている。
その間、我が家を訪れた複数の人たちから

① 「なんだか一人暮らしの家みたい」 

② 「何もない家だなあ」

③ 「台所のドアとっぱらってのれんかけたら?」

④ 「普通、セニョーラ(子供を持つ女性)は、テーブルをおいて花とか家族の写真をおくもんだ」 

と色々なアドバイスをもらった。
しかもみな、アドバイスだけじゃなくて
①の彼女(写真家)からはでかい写真 
②の元上司は、でかい水槽 
③の彼女はシソの種をくれる約束
④のペルー人は飾り用テーブルをプレゼントしてくれた。

まあほぼ皆、自分の不用品をくれたようなものだがその程度のほうがもらう方も気が楽でありがたい。私もがんばって家を家らしくすることにした。

これが「水槽」。中には金魚とかえるちゃんたちがいっぱいいるのだ。
d0066280_11293196.jpg


もらったテーブルと花。手前の鉢にはミント(Hierba Buena)。玉ねぎソース(Salsa Criolla)にミントの葉を入れるのが好きなもので。
d0066280_11295334.jpg



これで「我が家」って感じに近づいてきただろうか??
生活向上委員会の活動はこれからも続く。
[PR]

by lapampilla | 2006-09-28 11:31 | ペルー

Third Worldと呼ばないで

ニューヨーク在住の友人が、1年近くペルーやボリビアで写真を撮って、こないだ帰国した。
彼女は最高に面白おかしくて、エネルギッシュでいい奴(いい子、っていうよりいい奴という感じ)なんだけど、何回かペルーのことを

「第3世界」

と呼んでいた。

第3世界とか第3セクター・・・・あんまいい響きじゃないなあ。個人的に好きでない言葉。
やっぱり自分が住んでるからそう感じるんだろうけれど(笑)
でも、両方とも最近あまり聞かない言葉じゃないですか??

Wikipediaによれば、第3世界はもともと冷戦時代に東西どっちにも属さないアジアや中南米などの途上国をひっくるめた言葉らしい。どうりで、時代遅れな響きがするわけだ。

そして第3セクターは、なんと半官半民の団体や企業を示すらしい。これは知らなかった!でもやっぱり最近は使われてない言葉だと思うけどどうだろう。
いまどきの、独立行政法人てやつに相当するのかな?

ところで、最近調べ物はなんでもWikipediaで済ませてるんですが実際どれくらいの信用度があるものなんでしょうかね?仕事とかでもがんがん使ってるんですが(笑)誰でも書き込み可能な百科事典みたいなので、実は誤情報なんかも多いのかなと内心心配なところもあります。
[PR]

by lapampilla | 2006-09-20 14:02 | ペルー

ご飯

この前、仕事の後、次の用事まで空き時間に昼ごはんを食べる場所を探していたときのこと。もうペルー料理の定食も、中華も飽きたしな~~と思っていたら、COMIDA ARABE(アラビア料理店)の看板を見つけたのでふらふらと中に入った。

それで、生まれて初めて「シシカカブ」を食べました。


おわり


いや、まずいわけではなかったけど、けっこう期待していたのであてがはずれたというのが正直な感想です。まあ、12ソル(400円くらい)の定食だったのであまり色々言えませんが、、、リマでは12ソル出せばかなり美味しいものが食べられるのも確かです。

ペルー料理っておいしんだね、やっぱり。
[PR]

by lapampilla | 2006-08-19 13:41 | ペルー

ご無沙汰

皆さんにも、海にもすっかりご無沙汰。復活デー目指して黙々と筋トレの日々が続く。。。

新しいお家からの眺め。地上7階~アレキパ通りの車の騒音がちっとうるさいが、前の家のように隣近所のけんかや鼻をかむ音を聞くのに比べればかわいいもんです。
古いお家なので、広々してるのがお気に入り。

d0066280_7443648.jpg

[PR]

by lapampilla | 2006-06-17 07:46 | ペルー

セマナ・サンタ (イースター)

先週は木曜・金曜のイースターと土・日が合わさりなんと4連休!
で、南のNaplo(ナプロ)という海に行ってきました。
目的は①じっくり休む②じっくり子供と過ごす③太陽にあたる!

このナプロ、湾になっていて波は全く無し。ペルーの海としては、波が無いっていうのはとっても珍しいですね。波がないので、子供から老人まで波打ち際で安心して遊んでるし、ボートなんかが浮かんでいていていい感じ。


    ナプロ。アラン・ガルシアやジセラ・バルカルセルの別荘もここにあるそうな。
d0066280_2174858.jpg



ナプロでは、友達の家に泊まらせてもらった。ビールとセビッチェ、砂遊び、昼寝。何より、太陽がかんかん照りだったのがうれしい!Naploはパンアメリカン57km地点だけど、50kmくらいまで北に戻ると、もうそこは霧の寒い世界。お日様が貴重な季節になってきた。


                      ペリカン2匹。
d0066280_2194281.jpg



・・そういえば、面白い出来事が一つ。村で唯一のボデガ(商店)に子供用のジュースを買いに言ったときのこと。レジの前で待っていたら、何やら後ろから妙な日本語らしきものが聞こえてくる。

「。。。いや、多分日系人か、韓国とか中国の人だと思うよ。。。ごそごそ」

「でも。。。むにゃむにゃ」

ぱっと後ろを振り向くと、一見してペルー人の混血系の若者と、きれいな白人の娘が立ってこっちを見ている。日本語で話しかけたら、向こうがびっくりしていた(笑)
彼女はウクライナ人、彼はペルー人で日本で生活しているらしい。で、彼が一次帰国で彼女を連れて来ていたわけ。

彼女は、遠くから私のことを見て「あれは日本人」と分かったそう。でも、彼は「いや、あれは日系か、または中国か韓国人」と思ったんだって。
いやー、よく言われるんだけどね。ペルー人から
「え?あんた日本人?見えないねえ」とかさ。まあ、昔から「大陸系」とか言われてましたけど。

昔ロシア語をかじっていた私、誕生日の時に歌う「ワニのゲーニャの歌」を歌ったら、彼女はさらに驚いていた。

23,4歳の若々しいカップルだったなあ。二人の共通語が日本語っていうのが、なんかロマンですね。
[PR]

by lapampilla | 2006-04-18 21:05 | ペルー

雨音

今、1月31日の午前0時15分。外でパチパチいう音がしてるから何かと思ってカーテン越しにのぞいたら、なんと隣の空き家のトタン屋根に雨が落ちて音がしていた。
リマで雨音がするくらいちゃんとした大きさの雨が降るのって、すごくめずらしい。

というか、リマで初めて雨音聞いたと思う。何年ぶりかな・・・・

そういえば、雨が降ってるとき特有のしめったような落ち着いたような夜だ。
う~ん、気に入った。
[PR]

by lapampilla | 2006-01-31 14:15 | ペルー