ペルーの波


南米ペルー、リマの波乗り& サバイバル日記。
by lapampilla
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ:波乗り日記( 107 )


海♪海♪海♪

先週末は久々にゆっくり海で遊んできた~@パンピージャ。

波はがんがん入ってきていた。
セットが入るとけっこう強烈で腕・背中が筋肉痛。でも幸せの痛み♪

一本けっこう大きいのに乗った。いけるかどうか確信はなかったが、最近は体が慣れてきたのかパーリングがなくなった。

d0066280_21433140.jpg


(この日は晴れてたんだけど、海だけアップにするとなぜか暗くなってしまう。。腕が悪いだけ??)


海で、友達に日系人女性の歯医者さんを紹介してもらった。浜でごろごろしながら、あ、歯の調子悪いの、いっつも頼んでる歯医者さんが丁度来てるから紹介してあげるよ、腕は確か、しかも君のPaisana(同郷人)よ、という感じで。海には色んな人が集まってくる。

やはり海友達の翻訳者、獣医さん(ペット飼ってないけど)、蜂蜜屋さんにも、たまに世話になっている。

ああー、次に行くのが楽しみだ!!日曜あたりかなあ。
[PR]

by lapampilla | 2008-01-29 22:01 | 波乗り日記

1173

「いいなみ」

今朝の波はとってもよかった!8-10フィートの予報でいつも行くポイントは軒並みクローズだったので、Barranco(バランコ)区のポイントへ。ここはサイズがあがってももちこたるし、ショルダーが張っているのにそれほどパワーがないイージーな乗りやすい波がたくさん入ってくる。人も少なくて最高だった。

平日朝の波乗りが一番良い。

ただ、このポイントは水が汚れているのが明らかに臭いから感じられるので、家に帰ったら即効でまずイソジンでうがいをし、全身抗菌石鹸「NEKO」で洗うようにしている。

下水処理がなってない、これもペルーの現実。

分かっちゃいるけどとてもやめられない、それがリマのサーファーの心情。

「メシア」プロジェクトとかいう下水処理のプロジェクトがあったと思うんだけど、あれってどうなってるんだろう?

リマには人口が集中しているから、海の汚れ方もそれに比例しているのだろう。ちょっと郊外にいくと全然きれいだもの。
[PR]

by lapampilla | 2007-12-20 13:31 | 波乗り日記

プンタ・ロキータでまったり

d0066280_2217142.jpg


          夏がゆっくりと、確実に近づいている。
[PR]

by lapampilla | 2007-12-09 22:17 | 波乗り日記

波乗りの階段

先週末はなんと13から17フィートのうねり(予報値)がはいってきたので、いつも行くポイントは軒並みクローズだった。それで久しぶりに土曜はプールに行って泳ぎまくった。サーフィンを始める前は、実はかなづち同様だった私だが、今は休み休み1km泳げるようになった。当面の目標は休まずに1km泳げるようになること。

今日は大うねりの余韻がのこるパンピージャへ。午後3時半だったが、今年はほんとに寒くて水が冷たいので波待ちがつらい。ノリさんにいただいたブーツがあって助かった。波は、セット間は長かったが入ってくると胸肩で整っていて、ある程度力のある捉えやすい波。一本目が超良い波だった!それで、波の斜面をスピードに乗って下りていくと足の下の水が硬くて最高に気持ちいい。斜面の一番底についたとき、大きなエネルギーを板の底に感じた。一瞬遅れて「あ、今のはボトムターンをする所だったんだ」と気がついた。そう、次のステップが見えてきた!でも結局はしゃぎすぎて途中でワイプアウト。
2本目は位置が悪くパーリング。3本目はすぐに波がくずれてスープになった。
そのうち放課後の学生向けサーフィンスクールがはじまったので、海が混雑したたのと、こごえそうに寒かったのであがった。

やっぱり波乗りは気持ちいい~~!でも今日くらい気持ちいいと思える日は、5回に1回くらいしかないのが事実だけど、26の手習いでやっとここまで来たかと思う。

多分、自分にはもともとサーフィンのセンスはそんなにないと思う。だから上手い人が100段上って到着できるレベルに、自分は1000段のぼらないと到着できないかもしれない。

500段くらいまでは「まあこれくらい苦労する人はざらにいるだろう」と思う。600から700段目くらいで、「こんなはずではない」と思い、色々調べたりトレーニングする。800段目くらいだと、「ぶっとびサーフィン」の人が書いていたように「自分は体のつくりが変なのかもしれない」とか考え出す。900段目ではあきらめと意地とが交じり合う。でも、そこでやめたらこれまでの900段が全部パーになってしまう。それはもったいなさすぎる!実際には1000段じゃなかもしれない。1500かも、2000かもしれない。でも続けていれば必ず上達する。

そして1つ上のレベルにたどりついたら、また次のレベルへの新しい階段がはじまる。はやくそこにいきたいなあ。

今日のサーフィンで、先週からたまっていたストレスや迷いごとが、すべて帳消しになった。
ペルーの海と波、ありがとう!
[PR]

by lapampilla | 2007-06-27 12:27 | 波乗り日記

プンタ・ロキータ(Punta Roquitas)

昨日木曜は久々に平日休みだったので、これまた久々に朝サーフィンに行ってきた。朝7時過ぎに迎えに来るスクールバスに子供を乗せ、「いってらっしゃーい!」その後早速ボードを抱えてプンタ・ロキータへ。実に3週間ぶりの海。

d0066280_21502921.jpg


朝6時から7時半までは、サーフィンスクールや出勤前にひと波サーファーで海はごったがえすが、7時半過ぎると波が小さい日はかなり貸切状態になる。昨日も、この写真の人と自分の二人だけだった。うひゃー良いでしょ?!素晴らしいでっしょ?!

このビーチはけっこう波数が多くて、サイズが上がるとスープ(白波)に押し戻されてなかなか前に進めない。でも昨日は、外から見た感じよりも実際には波が優しく、整っていたのでとてもサーフィンしやすかった。3週間ぶりなので少々パドルがつらかったが、腕立て腹筋は続けていたのでさほど苦にならなかった。ただ、10日ほど前の子供の運動会で筋肉痛になった右腿が今だにおかしい。


ところで、リマの海岸でサーフィンする人々にとって、車や荷物の番をしてくれる人たちの存在は欠かせない。特にキオスクもまだ出ていない早朝のパンピージャやプンタ・ロキータでは、フリオとアキリーノという2人のおじさんたちが車のキーを預かったり荷物番をしてくれる。

d0066280_22131373.jpg

          フリオさん=Angel Guardia もうすぐ3年の付き合いだね~

サーフィンこそしないが海のことを良く知っている二人。このフリオも、「あと3時間したら干潮、今日は○○cm下がる」「昨日は波があったが荒れていた。明日はまたサイズが上がるよ」とか色々な情報をくれるし、波が大きく何もできずに疲れ果てて上がってきたときや怪我をしたときは慰めの言葉をかけてくれたりする。昨日みたいに海の中にほぼ誰もいなくても、岸に一人でも人がいてくれると安心感もある。要は本当にありがたい存在なのだ。

今年のリマはとっても寒~い!リマに住んではじめて、「コートが欲しい」と思うくらい。でも、海の中は温かい。特にパドルをしていると寒さはほとんど感じない。ただ、上がって着替えるときはやっぱり寒い!!


運転免許試験落ちて、相変わらずタクシー通い。これは、↓昨日乗ったタクシー(笑)
d0066280_2282014.jpg

[PR]

by lapampilla | 2007-06-15 22:09 | 波乗り日記

久々に南へ♪

もう10日以上も前になってしまったが、5月の末に久々に南の海へ行ってきた。日本からやってきたAkiさんと一緒に、南の海巡り。様々なポイントを見て、カバジェロス(Caballeros)とサン・バルトロ(San Bartolo)でサーフィン。きれいな南の海に入れたのはとても嬉しかったが、自分の実力に合わない場所だということを実感(涙)南はサーファーも波もレベルが高い!この前のパカスマヨへのトリップでも実感したけれど、やっぱりいつも同じ場所だけで入っていても成長はないのである。Akiさんは、カバジェロスが気に入ったと言っていた。私は、サン・バルトロのレフトの波が易しい波なのでよかった。でも今日1番の波というところでずっこけたけれど。Akiさん、帰りがギリギリセーフになってすみませんでした。ぜひまた来てくださいね!!

d0066280_3343881.jpg


それにしても、日本からやってくる人を案内するのに、もし日本の波を自分が知っていればもう少し良い案内ができるのではないかと思う。「いつもカタカイで入ってるんですか、じゃあここはどうでしょう。」とか(笑)以前来たノリさんは、ペルーの波が凄すぎてもう日本でサーフィンする気がしないと言ってたが、どうなんだろう。
あとは自分のレベルアップ、これが一番大事。


ところで、今回一緒に海へ行ったAkiさんはプロの山のガイドさんです。www.norte-sapporo.com いかにも大自然の人っていう感じだった。しかも北海道では水温2℃でサーフィンするらしく、ペルーの寒流もへっちゃらというのがすごかった(笑)
波乗りをしていると色んな人に出会う、それも本当に大きな楽しみの一つ。

もう一人、この前パカスマヨに行ったとき相部屋だった超面白いお姉ちゃんのベア。彼女はフォトグラファーでwww.beatricevelarde.comパカスマヨでも海に入る前に朝一番の写真を撮りに早くからカメラ道具一式を抱えて部屋から出て行っていた。彼女のお陰であの旅行は笑い通しだったくらいの面白い人物。リマに帰ってからも海で会っていたが、その後また旅に出たみたい。

そんなわけで今度の7月の休みは、ワンチャコに行こうかと思っている。ずっと会いたいと思っている人物がいるのだ~!さあ働いてお金貯めるぞーー
[PR]

by lapampilla | 2007-06-07 02:17 | 波乗り日記

バランキート

さて最近2週間に1回くらいの割り合いでサーフィンのクラスに参加している。良いのは、今まで入ったことのなかった海ににも行くようになったこと、色々なアドバイスをもらえること。今週火曜は朝6時からバランキートという場所で入る。バランキートの波は大変乗りやすい。多分コスタベルデ一帯のどの波よりも乗りやすいと思う。それから、なんと足が時々「がに股」になっている(笑)ことや、立ち上がった後に足の位置を修正する癖を直すように言われた。この日は同年代の女の子たちも多くてとても楽しかったし、良い意味でライバル意識が芽生えて頑張れるのが新鮮だった。
波は乗れば乗るほどパワーが沸いてくる。うまく乗れなかった日の方が、疲れが大きい。

その次の日は1日仕事をした。日本から出張者が来て、夜はずっと行ってみたかったステーキ屋さんに行った。最近は仕事が面白くなってきた。でも自分の能力の低いことが良くわかってきたのでもっと勉強しなければいけない。

次の日木曜は観光の仕事でナスカへ行った。リマを昼過ぎに出発するので、ナスカに到着するのは午後8時半くらいになる。ナスカの手前1時間半前くらいなると、街灯もない真っ暗な道をバスのヘッドライトだけを頼りに走っていく。山道を越えると、次はどこまでもまっすぐなパンアメリカンハイウェイ。ここを走っていると、いつも「銀河鉄道の夜」を思い出す。それぐらい真っ暗な夜の道。この日は、ちょうと右側の窓からはっきりと、天の川とその端にある横向きの南十字星が見えた。南十字は終点の駅だったかな。

昨日土曜はパンピージャに行った。まあまあ。人が多い。波は4,5本乗ったが満足できるライディングはできなかった。夜は友達に日本語を教えて、その後ワインを飲んだ。フランスワイン!うまかった~

今日は母の日なので、日本の母に電話を入れる。ペルーでは母の日はクリスマスと独立記念日に次ぐくらいの重要な日で、盛大にお祝いする。お母さんたち、今日は楽しくやりましょう♪

d0066280_212129.jpg

                友達が作ってくれたのれんをつけました。
[PR]

by lapampilla | 2007-05-14 02:23 | 波乗り日記

プンタ・ロキータ

今日は仕事がオフだったので、弁当作った後早速海に行った。

7時半ごろパンピージャに行くとちょうどサーフィンクラスが終わったところで、一緒にパカスマヨへ旅した仲間たちと再会。朝っぱらから盛り上がる。「たまにはクラスにおいで」と言われたが、弁当があるからなあ。朝6時のクラスに行くには、朝5時前に起きることになり。。。うーん

でも、この前1回無料でクラス参加させてもらったときには姿勢だとか、足の位置だとか、色々客観的なアドバイスをもらってとても良かった。やはり時間を作ってインストラクターの意見をもらう意義は大変大きいと思ったので、前向きに検討するつもり。

さて、海についたものの風波でコンディションは良くない上、クラスの人たちが上がると無人になってしまったので久しぶりにプンタ・ロキータに移動する。

d0066280_2285819.jpg



パンピージャがロングライド向きの波だとすれば、こっちはすぐにクローズする速い波が多く、より波を見る目とすばやいテイクオフ、さらにゲットする時もスープが強烈なのでパドル力も必要で、より上級者の場所だと思う。実際、いつものことだがゲットするのに大変手間取った。

今回ははじめてブーツをはいて入った。これは、昨年知り合ったノリさんにいただいたもの。さすが日本製で、とってもあったかい。こんなに保温力があるものと思わなかった。ノリさんありがとう。
[PR]

by lapampilla | 2007-04-27 22:16 | 波乗り日記

今日の波

本日、Pampillaは晴れ時々曇り波は胸腹、波数多く風は無し

久々、ロングライドができました~!!大満足!!!!

たまには写真撮ろうと思ったら、バッテリーがなかった~~~

来週半ばからは、Pacasmayoっていう北海岸にサーフィン合宿に行ってきます。

娘もいよいよデビューするのだ。

楽しみじゃーーー!!!
[PR]

by lapampilla | 2007-03-31 04:38 | 波乗り日記

完全復活!!

身も心も弱りきっていた間にリマの夏は過ぎていき、すっかり日差しも和らいだ今日この頃。完全に体調が回復するまでは海に行かないと決めていたので、辛かった~~

でもやっと今日行ってきた!久々に朝一。デカ波で、セットが入るとほぼクローズ状態だったがタイミングを見計らったのであまり苦労せずにゲットできた。
パドルをしながらつくづくと幸せ~をかみ締めた。

すぐに波が来て乗っていけた。最後にはスープになったけれど、波が大きいのでスープで板が暴れるとぞくぞくする。潮の流れがきつい上に、セットが入ってくると大変だ。波をくぐり抜けるのも楽しいけれど。新しい板になってから、ドルフィンするのが苦でなくなった。でも、まだまだやり方が甘いようで、今日みたいに大きな波がじゃんじゃん入ってくるとどうしても岸側に戻される。

時間帯もよかったのか、人も少なくて波も存分にあって大変よかった。
ただ、一緒に行った友達が板で肋骨を打ってしまって痛々しかった。
自分も昔同じように肋骨を打って、軽くヒビが入ったことがあるので痛さが分かる。くしゃみしても笑っても痛いんだよなあ~ただの打撲で、ヒビ入ってないといいけどね。

あー楽しかった!次は明後日行けるかなあ~
[PR]

by lapampilla | 2007-03-16 04:31 | 波乗り日記