ペルーの波


南米ペルー、リマの波乗り& サバイバル日記。
by lapampilla
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ:未分類( 31 )


レーシック手術②

手術室はほとんど暗室のように暗く、ベッドと手術を行う先生&看護婦さんが薄青い光の中にぼーっと浮きあがっている。こ、怖い・・・・でももう逃げられん。
「横になってください。」 いよいよ開始。

ここからは、正直いって恐怖のあまり記憶があやふやなんだけど、まず目をやわらかい紙状の物で覆われ、次の瞬間眼球全体にガチャンという衝撃が走る。超ショック。
さらに、ちょうどソフトコンタクトみたいな感触の、眼球の一番外にある膜(多分角膜)を一部残してめくりあげる。ここまでが、とにかく怖い&痛い。

「モウシュッサンシテルンダカラ、コレシキ、ヘイキヘイキ」・・・と心の中で強がっていたものの、やっぱり全てが「見えてる」怖さで痛みが倍増。

ここまでいってはじめて、レーザーを照射するんです。これはもう楽勝よ。光が点滅するのを、何十秒か見てるだけ。後は、角膜をまたぺらりと目の上にかぶせて、周辺をくっつけて終了。しめて片目5分もいかない作業と思う。

「全く痛みはない」という事前説明を受けていた私は、予想外の痛さに正直かなりびびってしまった。右目終了の後、左目は痛いのが分かってるから余計怖い。
目をこじ開けられた瞬間、思わず「アワワワ・・・・」みたいな言葉が出て(笑)パニック寸前になりそうだったその瞬間、看護婦さんが超優し~い声で
“Tranquila, mi amor”(トランキーラ、ミ・アモール・・まあ「いい子にしてね、ハニー」みたいな感じかな。)
と耳元で囁いた。視界がきかない中で痛みを感じる恐怖感の中、この一言にどれだけ救われたか!看護婦とは何のために存在しているのかが良~く分かったよ。

ふらつく足取りで外に出て、目をプラスチックのふたで覆い、さらにサングラスをかけるという超怪しげなスタイルで帰途につく。1人じゃ絶対無理でした!Hさんどうもありがとう。
家に帰ってHさんと夕食を取ったが、多分ものすごく緊張したからだろう、食べる途中で耐え難い眠りに襲われて、ベッドに直行。夜中は恐怖感がぶり返してきて脂汗。「明日朝、目が見えなくなってたらどうしよう・・・光が見えなくなってたら」・・今思い返すとおかしいけど、本当に心配だった。

その後、5ヶ月。目の調子は絶好調!仕事柄、PCに向かいっぱなしでちょっと目が疲れることもあるけど目が悪かったことなんてもうすっかり過去の話、というか忘れちゃった!というのが実感。

結論:レーシック。やる価値は十二分にある。でも、2度はやりたくありませ~ん!
[PR]

by lapampilla | 2005-09-07 07:26

レーシック手術 ①

つい数ヶ月前まで、ド近眼だった私。
3回ほどコンタクトが波とともに消えていき、計算した結果手術代もコンタクト代3年分で元がとれると分かり、今年5月に一大決心して、レーシック手術を受けました!
どこでって?もちろん、ここペルーで!!というと「ええーー!よくペルーでレーシックなんて受けるね、度胸あるわ~」と半数の人から言われます。でも、南米ってレーシックけっこう進んでるんだよね。ブラジルなんて、もう10年くらい前から行われてるみたいで、一時期ブラジル駐在員の間でもレーシックが流行っていたことがあるらしい。

私が手術を受けたのはOFTALMOSALUDというクリニック。お代金US$1,000也。うーん、高い!でも、目の手術となるとこんなもんか。日本でやればもっと高いしね。

さて、手術の流れは・・・・
まず、手術を受けることができる目なのかをチェックしてもらう。この検査が長い!!たっぷり半日かかる。目の悪い方はご存知と思うけど、眼科に行ったら色んな検査の機械があるっしょ。あれを一通り全部やる。特に面倒だったのが、目を見開いて光を見てなきゃいけない検査。どうしても我慢できずに瞬きしてしまうし・・・

「ちゃんと目、見開いてください!!」

「開いてるわよ!!」

「まったく~~ ほんとに目、小さいんだから」 (←客に対してもタメ口。千ドル払っとるんだぞ!おりゃ)

とギャグなやりとりを真顔で行いつつ検査を終え、無事ゴーサインが出たところで自分の都合の良い時間帯に予約を入れる。手術時間はやっぱ夜の方がいいですね、術後は光がとってもまぶしく感じるので。

そうしてやってきた手術の日・・・・
仕事後、友人のHさんにつきそいをしてもらいクリニックへ。まずお金の支払いを済ませ、黒塗りの専用車に乗せられて手術専用の別館へ向かう。
緊張するなあ。周囲に、既に手術を終えた人たちが座っている。目はプラスチックの透明なふたで保護されてる。そして手術室へ・・・
[PR]

by lapampilla | 2005-09-02 03:14

電話ついた!!

ペルー生活5年目も半ばにさしかかった私・・・ついに、というかようやく固定電話をお家に引きました!!ずっと携帯電話だけだったんだけど、やっぱ子供もいるし、一応うちは「家庭」なわけで。色んな手続きとかで、電話番号とか聞かれたときに「携帯しかないんですけど」っていうのがだんだん嫌になってきて、ついに電話をひくことに決定!!
d0066280_9255369.jpg
月S/.70(2000円くらい)で220分の市内電話がフリーでついてくる。これを利用して家からでもネットにつなげれるぞ~~♪いよいよホームページの仕上げにかかんなきゃ。
ペルーの電話業界を牛耳る、というか独占企業のテレフォニカ(Telefonica)の兄ちゃんが契約書を取りに来たのが先々週の土曜。いつになったら電話取り付けに来るのか・・・と思うこと10日、ようやく工事の兄ちゃんがやってきた。

アパートの管理人さんに屋上へ上がる鍵を借りて、電話線を探し当てて屋上から3階の我が家の窓めがけて垂らしていく。よいしょ、よいしょ。窓から取り込んだ電話線を今度は壁に這わせて固定させながら電話のあるところまで配線。

日本みたいに、既に壁の中を電話線やら電気線やらガス線が通ってるわけじゃーないんですねえ。もちろん最近の新築アパートや高級マンションは別の話。

小一時間の作業の後、電話設置完了!!
だいぶ家らしくなったかな、うちも。と開拓者な気分を味わった午後であった。
[PR]

by lapampilla | 2005-08-30 09:39

海行ってきた

サカナ サカナ サカナ~~♪ サカナ~を~食べると~~~~
アタマ アタマ アタマ~~♪ アタマ~が~良く~なる~~~♪♪♪

はーい、翻訳でアタマがイカレかけてまーす。
娘のお気に入りソング↑がアタマの中でエンドレス再生。
培養やらWELLやらCELLやらニュートラルレッドやら、○△□×%!・・本日も悪戦苦闘の1日。


さて、お腹の皮も再生してきましたので、1週間ぶりに海に行ってまいりやした。
結果・・・・・ゲットできず。 がびーーーん どうしましょう私・・・・・
プンタ・ロキータで今日のサイズでゲットできないの、やばいでーす。
あまりにもショックだったので明日も再挑戦してきますー。
ついでにアタマの中も海水でリフレッシュしてきまーす♪

サカナ サカナ サカナ~~♪
[PR]

by lapampilla | 2005-08-27 08:13

素敵!

何ヶ月か前にCHRISTIAN'S SURFERの大会について書いたことがありました。その大会の写真特集を、OLAS PERUというペルーのサーフィンサイトで見ていたらこの写真を発見。
d0066280_8102393.jpg


うーん、素敵ですね~~実に堂々とした乗りっぷり。
聞くところによると、この犬のお父さんもやはりサーファーだったそうです。

こんな感じで、小さな子供(3、4歳)を乗っけて波に乗ってる人も夏に見かけました。
私も腕に覚えがあれば自分の子と1つの板で滑ってみたいけど・・・
今のところ、やめといた方がよさそうです。
[PR]

by lapampilla | 2005-08-17 08:13

8/14(日曜)リマの波

潮が上げてきて、波もサイズアップ!
この日は家族(子供)サービスのため、海は散歩がてら見に行っただけ。
サンセットに間に合わなかった・・・ でも微妙にきれいな色。
d0066280_7573732.jpg


けっこうでかかったです、波。入ってもすぐ放り出されたことでしょう。

♪♪♪歌いだす娘。
d0066280_7581920.jpg

[PR]

by lapampilla | 2005-08-16 07:58

昼飯

写真下手ですんません。 本当はもっと美味しそうです。
d0066280_3543059.jpg

エンパナーダ4つ+野菜(ブロッコリ+ニンジン)+自家製イチゴミルク

エンパナーダとは小麦粉で作った生地の中に具が入っている、まあ餃子の一種みたいなもんです。(あまり説明うまくなんですみません)ちなみにこのエンパナーダは、皮だけスーパーで買って中身はひき肉、レーズン、オリーブの実を入れてうちのおばちゃんが作ってくれたものです。飲み物は大好きなイチゴミルク・・・イチゴは日本では確か高かったような。でもこっちは安いのでがーーーっつとミキサーしてごくごく飲みます。

普段はこの倍くらい食べてますが、一応病みあがりなので控えめに。
背景は私の仕事場・・・・食堂もあるけど、誰もいない(いつも一人)のでご飯も机で食べてます。
PCとラジオが仕事の友なのさ~~♪
[PR]

by lapampilla | 2005-08-12 03:53

ボードケース

ペルーでは7月と12月にボーナスが出ますが、日本でもそうなのかな?(←日本で働いた経験ないので分かりません)
この前いただいたボーナスで、やっとボードケースを購入!!
d0066280_344197.jpg


これでいつでも長距離トリップができるぞ♪♪

ところで、ボーナスいくらかって?
・・・それは聞かないで~~このケースと、娘のベッドカバー+毛布を新調したらすっきりなくなりました☆
[PR]

by lapampilla | 2005-08-12 03:46

考えるかぜっぴき

昨日の朝、腹筋、腕立てその他の室内運動を裸同然の格好でやったのが間違いでした~~。風呂に入った後出勤する途中・・・あれ?なんか喉がムズムズする・・まあすぐ納まるだろう。と思っていたけど、帰宅したころには水っ鼻が止まらない。
「ヤバイこりは・・・薬、薬買いにいかなきゃーーー」

以前は、すぐに薬に頼らず自然に直そうとしてた私。でも、何回かそれをやって症状が悪化→長引く→まじ辛いことになった。というかペルーの風邪ってかなりしつこいのだ~~
だから最近は、ヤバイと思ったら速攻薬&休息。

我が家には住み込みで働いてくれているおばちゃんがいる。ペルーのアマゾン出身の彼女に、こういうときはあらためて感謝したくなる。なにせ特製の「ニンニク牛乳」を作ってくれるのだ!
それは・・・細かく刻んだニンニクを牛乳に入れて沸騰させ、シナモンと蜂蜜を入れた熱々の飲み物。体が芯からあったまってくる。体だけじゃないな。「風邪が治るように」あったかい飲み物を誰かに作ってもらえること、それは心もあっためてくれるんだ。

どんなに風邪でも食欲だけはちゃんとあるので、ばっちり夕食をとり(笑)ベッドへ直行。寝てる間に熱が出て汗が出てくる・・・半分夢心地で着替え・・鼻水がとまらん・・・・最近一人で寝るようになったとはいえ、自分のベッドを私のベッドの横にぴったりくっつけているのでいっつもこっちに寄ってくる娘。

「だめだよ~~お母さん、今バイバイ菌がいるから、くっついたらダメだよ~~~げほげほ」

そんなこんなで夜が明けていった。体が弱ると妙にしおらしくなる自分。

子連れ狼の私がこんな地球の裏側で、子供持って働きながら、しかもサーフィンができるのはほんとに色んな人のお陰なんだよ。。。そして、これはペルーにいるから出来ることなんだよね。自分がペルーにいて、生活してること、そして色んな人と出会い、波乗りをするようになったのは、決して成り行きじゃなくて、何かの意味や、縁があるからなんだ。
そしてサーフィンは、自分の人生の中の鍵のような存在かもしれない。

そんなことをもやける頭の中で考えた・・・・
[PR]

by lapampilla | 2005-08-10 03:13

体力

うーん胃のあたりがもやもやするぞ、お茶でものもう。
ところで、今週火曜と金曜の朝サーフィンは珍しく仲間同伴でした♪
平日はたいてい一人で海なので、たまにはこういうのもいいね!

火曜は、何年かぶりに波乗りを再開したKさん。
金曜は、私の師匠Lくん。
ちなみに二人とも日本男児!

Kさんはまずは海と波に慣れることからスタート!
最初は大変だけど、経験があるから体力回復したらすぐ上達しそう。

Lくんは若手の静岡出身。黙ってどんどん波を乗りこなすってかんじ。
私もいつかこんな風になりたいもんだ。

波があるとき、いつも海から上がるころにはバテ気味になる私。
っていうか、いつも早朝なのでエネルギー不足ってかんじがする。いつも波乗りあとは空腹で死にそう・・・一応、牛乳+ビール酵母を飲んでいくんだけどね。
で、体力を保つ秘訣をL君に聞いてみた。

「やっぱりバナナがいいですよ。僕のお店の従業員は、みんな朝ごはんがバナナとパンです。」

「あと、パパイヤジュース。僕は毎日、パパイヤジュースを飲んでます。ちょっとレモンを入れて」

なんか、超ペルーらしい回答でございます。(笑)
バナナとパパイヤね、早速実行じゃ!

これで次回は体力ばっちり?!
[PR]

by lapampilla | 2005-08-07 04:13