ペルーの波


南米ペルー、リマの波乗り& サバイバル日記。
by lapampilla
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

波乗りの階段

先週末はなんと13から17フィートのうねり(予報値)がはいってきたので、いつも行くポイントは軒並みクローズだった。それで久しぶりに土曜はプールに行って泳ぎまくった。サーフィンを始める前は、実はかなづち同様だった私だが、今は休み休み1km泳げるようになった。当面の目標は休まずに1km泳げるようになること。

今日は大うねりの余韻がのこるパンピージャへ。午後3時半だったが、今年はほんとに寒くて水が冷たいので波待ちがつらい。ノリさんにいただいたブーツがあって助かった。波は、セット間は長かったが入ってくると胸肩で整っていて、ある程度力のある捉えやすい波。一本目が超良い波だった!それで、波の斜面をスピードに乗って下りていくと足の下の水が硬くて最高に気持ちいい。斜面の一番底についたとき、大きなエネルギーを板の底に感じた。一瞬遅れて「あ、今のはボトムターンをする所だったんだ」と気がついた。そう、次のステップが見えてきた!でも結局はしゃぎすぎて途中でワイプアウト。
2本目は位置が悪くパーリング。3本目はすぐに波がくずれてスープになった。
そのうち放課後の学生向けサーフィンスクールがはじまったので、海が混雑したたのと、こごえそうに寒かったのであがった。

やっぱり波乗りは気持ちいい~~!でも今日くらい気持ちいいと思える日は、5回に1回くらいしかないのが事実だけど、26の手習いでやっとここまで来たかと思う。

多分、自分にはもともとサーフィンのセンスはそんなにないと思う。だから上手い人が100段上って到着できるレベルに、自分は1000段のぼらないと到着できないかもしれない。

500段くらいまでは「まあこれくらい苦労する人はざらにいるだろう」と思う。600から700段目くらいで、「こんなはずではない」と思い、色々調べたりトレーニングする。800段目くらいだと、「ぶっとびサーフィン」の人が書いていたように「自分は体のつくりが変なのかもしれない」とか考え出す。900段目ではあきらめと意地とが交じり合う。でも、そこでやめたらこれまでの900段が全部パーになってしまう。それはもったいなさすぎる!実際には1000段じゃなかもしれない。1500かも、2000かもしれない。でも続けていれば必ず上達する。

そして1つ上のレベルにたどりついたら、また次のレベルへの新しい階段がはじまる。はやくそこにいきたいなあ。

今日のサーフィンで、先週からたまっていたストレスや迷いごとが、すべて帳消しになった。
ペルーの海と波、ありがとう!
[PR]

by lapampilla | 2007-06-27 12:27 | 波乗り日記
<< 小春日和 笑いの無い1日は、無駄な1日 >>