ペルーの波


南米ペルー、リマの波乗り& サバイバル日記。
by lapampilla
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

Come - to - Peru!


d0066280_7312119.jpg

[PR]

by lapampilla | 2005-10-27 07:30 | 波乗り日記 | Comments(5)
Commented by カン at 2005-10-27 10:31 x
米とペルー?

ゆーこちゃん、一つお願い。

簡潔にサーファーから見てラルコマルから見えるあたりの波の良さを上げるとすれば
どういうところがある?世界にペルーの波をアピールするつもりで。
僕はいつも「世界チャンピオンを生んだ波」なんて言ってるんだけど…。
強いよりも長い、というくらいはわかりますが…。
Commented by non at 2005-10-27 20:50 x
おー、ゆーこ上手くなったねぇ。感心、感心
Commented by ゆーこ at 2005-10-28 01:01 x
カンさん
世界にアピールできるペルーの波は、ピウラ県のカボ・ブランコ。世界一長い波であるトルヒージョのチカマ(1キロ~2キロ続く)。アメリカ大陸で最大の波であるピコ・アルト(プンタ・エルモサ)などです。プンタ・ロカスやチョリージョスのエラドゥーラなども南米選手権なんかが行われてる波。

ミラフローレス周辺の海は、初心者向きといわれている波なのでアピールというほどのことはないけど、ペルーのサーフィンが本格的にはじまった場所です。Carlos Dognyというペルー人が1930年にハワイで行われたポロの試合に参加し、そこでデューク・カハナモクというサーフィンの創始者ともいうべき人物に出会い、波乗りを教わり、彼がハワイから持ち帰ったのがペルーで初めてのサーフボードと言われています。帰国後にミラフローレスの波がサーフィンをするのに適している事に気づいたDognyは、ハワイのワイキキビーチの波と似ていることからロサ・ナウティカ付近の海に「Waikiki」の名をつけました。また、その正面に今もあるクラブWikikiは1942年に彼によって設立されたペルー最初のサーフィンクラブです。
Commented by カン at 2005-10-29 03:13 x
おおーためになるぞーーー。
さすがやね。ありがとさん (^-^)
早速使うよ!!!
今度飯でもおごりますわ…。
Commented by lapampilla at 2005-10-29 07:39
いーえ。サーフィンねたなら、色々あるぜよ。それしかねえですけどな。飯、期待しておりますがな(^-^)(^-^)(^-^)
<< 一休と猪木 海行ってきた >>