ペルーの波


南米ペルー、リマの波乗り& サバイバル日記。
by lapampilla
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

マンコラ行ってきた②

前置き: ①のほうも、昨日の続き付け足してます!!

3日目(10月6日水曜)
朝7時。ドアをドンドンたたく音で眼が覚める。
「おい!!波あるぞ!!皆波乗りしてるぞ!!」
「何なに?!」と飛び起きる。安宿なので、隣の音が丸聞こえなのだ。隣部屋もサーファーで、別の友達が波チェックに行って報告しにきたらしい。
あーよかった、今日波あるのか。起き上がってきた娘を着替えさせ、海に行く。おおー!昨日と同じ、きれいな波!!朝日に青い海が反射してキラキラ輝いてる・・・でも、ちょっと人多いかも。奥の方は、肩くらいの大きいのも立つ。インサイドよりなら、腰くらいの波が選べる。順繰りに同じ場所でブレイクして綺麗に割れていくので、乗りやすいかもしれない。どうだろうな・・・

    すんません・・海撮った写真、ほぼ全滅。何か異様に白っぽくなっちゃって
d0066280_23465.jpg

まずは腹ごしらえをすべく、昨日のピザを温めてもらいヨーグルトを買って浜辺で朝ごはん。しかしうまいな、このピザ。チーズたっぷり!!それも美味しいよ、このチーズ!!

1時間ほどして腹も落ち着き、海にいた人たちも上がってきたので頃合と判断し、Soledadサーフショップへ。店員にボードのレンタル料やリマで波乗り経験はあるけど、なかなか進歩せず苦労していることなどを話す。店員は、「じゃあ、レッスン受けてみたらどう。マンコラは初めてだし、やっぱり知ってる人と一度入るといいよ。それに、どこでつまずいてるのか教えてくれるよ。」

レッスンをしてくれることになったのはロベルト。最初はいつもロングボードを勧めるということで、ロングで入ることにした!!マンコラは遠浅のビーチブレイク。腹ばいになってパドルすると、ロングだから進む進む!!すっげー速い!!!
「お~い!そんな遠くに行かないでくれ~それに、方向違うよ!!!」とロベルト。
はっと後ろを振り返ると彼は遥か遠く・・・すみません。ついはしゃいじゃって。  

                                彼女は馬とお散歩。
d0066280_2382565.jpg
皆が波待ちしている場所より10mほどインサイドよりの場所で波待ち。それにしても、ものすごい安定感だな、ロングって。
「この波にしよう」というロベルトの指示に従ってパドル開始。テイクオフ・・立ってみる・・・落ちた。もう一度・・・立つ・・・おっ!!滑ってるぞ~~~ひゃ~~しかも、すごい安定感~~うははは たまに落ちたが、一度乗って安定させるとかなり余裕。ひや~~信じられまへん。しかも、波のフェイス見ながら走ってる!!!てことは、うねりに乗れてるってこと??
そして何回かトライした後、「これは確実にうねりだ」っていうのに乗り、岸ぎりぎりまで乗ってけた。これはものすごく気持ちよくて、キャアキャア叫びながら乗ってしまった!!

これは行けると確信した自分。午後は、もっと短いのに乗ろうと決意し、昼過ぎに海から上がる。昼飯を食べ、午後もう一度トライ。今度は7’2のファンボード、初心者用の分厚いやつ。お、重い・・・世の中こんなボードもあるのか。重いのにすごく浮力があるので、スープが来ても沈めることができない。突っ込んでいくのみ。ロベルトが横で支えてくれるので安心。うーん、いいねレッスン。リマでは時間の都合つかないし、お金も高いのでスクールなんて考えてなかったがこういう非日常の場ではいつもと違うことができる。ありがたいことじゃ・・・いよいよ波が来た・・・!1回目、やった!!途中でワイプアウトしちゃったが、それでもかなり乗れた!!何度も繰り返すうちに、だんだん乗れる時間も長くなってきた。でも、板をうまく走らせてないから、スープに追いつかれてお終いになってしまう。1時間やったが、本日2回目だったので体力限界。弱いな私・・・でももう腕上がんないよ~~~

「よくできました。また、明日よければ続きをやろう」

この日夜・・・どこかの修学旅行の団体の大騒ぎと、恐ろしい日焼けでうなされたが、波乗りの満足感と疲労感に癒されつつ、睡眠。
[PR]

by lapampilla | 2005-10-12 02:49 | サーフトリップ | Comments(0)
<< マンコラ③ まとめ マンコラ行ってきた① >>