ペルーの波


南米ペルー、リマの波乗り& サバイバル日記。
by lapampilla
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

考えるかぜっぴき

昨日の朝、腹筋、腕立てその他の室内運動を裸同然の格好でやったのが間違いでした~~。風呂に入った後出勤する途中・・・あれ?なんか喉がムズムズする・・まあすぐ納まるだろう。と思っていたけど、帰宅したころには水っ鼻が止まらない。
「ヤバイこりは・・・薬、薬買いにいかなきゃーーー」

以前は、すぐに薬に頼らず自然に直そうとしてた私。でも、何回かそれをやって症状が悪化→長引く→まじ辛いことになった。というかペルーの風邪ってかなりしつこいのだ~~
だから最近は、ヤバイと思ったら速攻薬&休息。

我が家には住み込みで働いてくれているおばちゃんがいる。ペルーのアマゾン出身の彼女に、こういうときはあらためて感謝したくなる。なにせ特製の「ニンニク牛乳」を作ってくれるのだ!
それは・・・細かく刻んだニンニクを牛乳に入れて沸騰させ、シナモンと蜂蜜を入れた熱々の飲み物。体が芯からあったまってくる。体だけじゃないな。「風邪が治るように」あったかい飲み物を誰かに作ってもらえること、それは心もあっためてくれるんだ。

どんなに風邪でも食欲だけはちゃんとあるので、ばっちり夕食をとり(笑)ベッドへ直行。寝てる間に熱が出て汗が出てくる・・・半分夢心地で着替え・・鼻水がとまらん・・・・最近一人で寝るようになったとはいえ、自分のベッドを私のベッドの横にぴったりくっつけているのでいっつもこっちに寄ってくる娘。

「だめだよ~~お母さん、今バイバイ菌がいるから、くっついたらダメだよ~~~げほげほ」

そんなこんなで夜が明けていった。体が弱ると妙にしおらしくなる自分。

子連れ狼の私がこんな地球の裏側で、子供持って働きながら、しかもサーフィンができるのはほんとに色んな人のお陰なんだよ。。。そして、これはペルーにいるから出来ることなんだよね。自分がペルーにいて、生活してること、そして色んな人と出会い、波乗りをするようになったのは、決して成り行きじゃなくて、何かの意味や、縁があるからなんだ。
そしてサーフィンは、自分の人生の中の鍵のような存在かもしれない。

そんなことをもやける頭の中で考えた・・・・
[PR]

by lapampilla | 2005-08-10 03:13
<< ボードケース 体力 >>